朝食は大事ですが、健康のためには分量加減が必要!

みなさん、健康になるための食事の仕方って知ってますか?やっぱり同じ“食べる”でも健康になる食べ方をしたいですよね☆たとえば、日本の“腹八分目に病なし!腹十二分に医者たらず”ということわざや、エジプトの“人は食べる量の4分の1で生きている!残りの4分の3は医者が食っている!”というピラミッドの碑文の中にある言葉からしても、人間たるもの、いくら薬効があると言われる食べ物を食べていたとしても、食べ過ぎてしまったりすると病気になってしまいますよね。現代の人々を悩ませてやまない高脂血症・高血圧・高血糖・高尿酸血症・肥満・脂肪肝・・・などなど、すべては“食べすぎ病”などとも言われています。中には癌にしても“過食病”の一面もあるそうです。つまりは“食べすぎ!”や“肥満!”などは、健康や長寿の敵にもなり得るのです。いくら食事といえど、気軽に考えてはいけないようですね。ですから、健康になるためにも、食事の取り方には気を付けた方が良さそうです。たとえばみなさん、朝食はしっかり食べていますか?朝ごはんは一日の活力のためにも大事ですよね!しかし!だからと言って、朝からがっつり食べるのは、実は健康のためには良くないんです。もともと栄養過剰などに頭を悩ませている現代の人々にとっては、朝起きて、脳をはじめ、まだ寝ぼけている状態の胃腸に負担をかけることなく、身体の中の各器官のエネルギー源(糖分)を摂取するためには、しっかりがっつりと朝食を摂るのではなくて、それこそほどほどの朝食で十分なのです☆ですから、朝からカツ丼!とかはもっての他です。胃がビックリしてしまいますものね!みなさんの感じる空腹感や満腹感などは、血液の中の糖分の上昇や下降によって、脳の空腹や満腹中枢に刺激をあたえて起こる訳ですので、すこしの水分と糖分をちゃんと補えば、空腹感はなくなってくれます。また、夕食に至っては、なにを食べても大丈夫なのですが、できるだけ体調には合わせて、食物の効能などを考えるようにして、選んで食べるのが健康面を考えるなら、それにこしたことはないでしょう☆

太陽光発電 メリット 法人

太陽光発電 デメリット メリット